『カッケ―ハウス』21

DIYセンターに買い出しに行ったり、和歌山の植木組合さんに植木の注文をしたりしていよいよ植栽の準備が整いました。

フフッフフッ・・(ハードボイルド風に声を変えて) 『ヒュ~ COOLダゼィ・・・シュとしていて・・・ 道路に背中を向けて小さなシャベルで花壇の中の土とサクサク戯れる・・ おいちゃん?? そんな時でも独り言!!ホ~ラ ホラホラ・・ 宿題完成!!  カッケ~べ~ッ!!  

ワクワクしちゃうぞ~ 16

小ぬか雨ふる 宮前区~ッ♬ チャラン チャチャ♪  雨が降っていてもご機嫌なおいちゃんです。 何故かって?  フフッフッ( ^ω^)・・・今日は、1号棟・2号棟の足場が外れる日なのです。 細い雨の降りしきる中、テキパキと職人さんが足場を片付けています。 『ウ~~ン 職人さんの動きに無駄がない。チームプレイで見る見るうちに足場の撤去が進む・・スゲーな・・・』そんなカンナデ。 イメージとおりの建物が姿を現しました。

カッケ~~ナ~ッ!! オシャレじゃん!! 最高だよね~~ッ!! (全て独り言!! 雨の降る中独り言 )  大丈夫か俺??

TAMA プロジェクトX その2

風の中のすばる~♪ 砂の中の銀河~♪ みんなどこへ行った~ッ♪ (テーマソング)    【TAMA プロジェクトX】 

みなさんご存知の当社企画『GUGENシリーズ』は新築戸建ての企画だけではないんですョ。 実は・・・ビンテージマンションのリノベーションも、手がけているんです。 別に隠していたわけではないんですが、当社の企画だとある程度の専有面積(75㎡以上)が無いと思い切ったリノベーションができないものでして・・・

3月頃から多摩ニュータウンの古い公団・公社のマンション・タウンハウスをお譲りいただく機会が3件ほどあり、気合を入れて静かに取り組んでいました。 何故おいちゃんがそこまでこだわるかをお話ししましょう。

ビンテージマンションのメリット 

  1. 長期にわたる運営で管理状態が、良い状態か悪い状態か一目で解る。    (先住者の方々に感謝申し上げます。)
  2. 集合住宅の要の修繕積立金が潤沢に有る事での安心。           (先住者の方々に重ねて感謝申し上げます。)
  3. 昔の住宅整備公団・公社の建てた建物は、民間企業の数倍頑強な構造。   (当時最先端の設計施工による長期耐久住宅の先駆け、エンジニアの理想的を形にしています。)
  4. 住環境・街並みを考慮に入れて贅沢な街づくりが行われている。      (理想の住環境整備を念頭に入れた未来志向の住宅地開発。)
  5. 敷地に余裕がある為、日当り・通風を十分に考慮されている。

ビンテージマンションのデメリット

  1. 設備が古い(キッチン・お風呂・洗面・トイレ)   
  2. 建具のサイズが小さい・天井高が低い
  3. 部屋数を取るために細かく仕切られている
  4. 上下階への防音対策が弱い
  5. エレベーター設備の無い建物がある                      以上のように1から4までは住宅設備耐久年数によるものですから、最新の設備と生活空間の施工見直しを行うことで、十二分に対応できます。こんなにも優れた住宅が数多く存在していますから、少しでも未来に繋げる事を考えて理想の住空間を提供していきたいと考えるからで・・・・  久しぶりに真面目な事を語ってしまった??

『カッケ―ハウス』20

ウ~ン~ㇳね、どうすかな~ッ?? 植栽のプランを考えないとナ~ッ・・・『カッケ―ハウスにマッチする植栽てね~~ッ。 

難しいよね、当たり前の植木じゃね。 シュッとしていてさりげない感じ!!      

千代田・富士見の玄関横の植栽スペースは、グリーンプランの本と図鑑を参考書代わりに考えまーす。 宿題・シュクダイ ね!!

 

ワクワクしちゃうぞ~ 15

ゴールデンウィークも終わり、楽しかった日々を思い浮かべている今日この頃とお見受けいたします。 しかしね、おいちゃんの所の現場は・・・・ カレンダーどおりお休みを頂きました。 なってたって職人さんの家族が楽しみにしているお休みだものね~ッ!! 『無理はしません、させません なんってね!!  そんなことを考えなくても現場に入れば・・・愛と感動の嵐ですから・・・うちの職人さんは!!

ご覧のように、4・5号棟の基礎と駐車場部分はとても美しく完了しています。今月中旬からフレーミング工事が始まります。 ワクワク!!1・2号棟は、クロス張りの下地処理が終わり いよいよクロス職人の腕の見せどこです。 ウホホーイ!!

TAMA プロジェクトX

風の中のすばる~♪ 砂の中の銀河~♪ みんなどこへ行った~ッ♪           今回は大きく出ましたね~ッ! 【TAMA プロジェクトX】ですよ~~ッ!!

おいちゃんの活動拠点である多摩ニュータウンには、ビンテージマンションの宝庫なんですよね。皆さんご存知のように築30年クラスの躯体のしっかりしたRC構造の公社・公団の建物が大変多い地域です。そこで一般的なリフォーム内容ではなく、『家族が楽しい生活空間』をテーマにリノベーション事業(再生住宅事業)を行っていきます

今回のイメージマップを発表します。  じゃじゃーん!!

こんな感じです。相変わらずオシャレ~ッ!!